女性も、もっと性に対してオープンになってほしい!という思いで設立された性の情報サイトです。

抱き合う男女

セックスしたい!と思った時に女性が簡単にできる方法10選

抱き合う男女

ムラムラしちゃっているけど彼氏やセックスフレンドがいないという寂しい女性のみなさんはどうやって一夜を過ごしていますか?

自分自身を慰めるような時間の使い方はもう終わりにして気持ち良くセックスする方法を実践しましょう!

女性の雑誌にはこぞって性に関する情報が掲載される時代になりました。

性といっても性教育ではなく「交わり」について語る時代です。

女性も性欲がありますのでセックスする方法を求めても構いません。

男性に比べるとセックスをするのは幾分簡単な方法になりますが、注意点もありますのでそれを理解して性の解放を行いましょう。

目次

女性にとってセックスする方法はとても簡単!

セックスしてる男女
男向けのセックスする方法についての記事はたくさんあります。

成功するのはどうかは別にして、それほど男性は女性とセックスする機会を求めているのです。

それに比べて女性は、自分の意志次第であればいくらでもセックスする方法があります。

性行為の同意で特に優先権を持っているのが女性になりますので、相手を選ぶこともできますし、セフレが欲しいのであれば希望することで見つけやすくなるでしょう。

男性のように風俗を使ってすっきりすることもできますが、女の子専用のお店はまだまだ数が少ないことから現実的ではありません。

女性がセックスをする方法としての体験談からみても、主導権を握りやすい環境をうまく利用することで、特別苦労することなく欲求を解消できるのがセックスです。

この点において女性の特権とも言えます。

あまり年齢や容姿は関係がないことが多い

男性にも理想がありますので、女性のスペックを選ぶ権利がありますが、その点はあまり気にしないようにしましょう。

男性にもいろんな性癖があり、たとえルックスやスタイルに自信がない女性であったとしても、それがかわいいと感じる男性もいます。

女性も選ぶ権利はありますが幾分妥協することで、女性はセックスする方法を必然的に優先権を持っていると言えます。

ある点から見れば、女性は性の負担を強いられていると言われることが多いですが、けっしてそうではありません。

こちらが利用すれば男女の差はなくなります。

そもそも性の負担を強いられているといった概念すら捨て去りましょう。

性行為の同意からみれば、女性側のほうが優先的に選ぶことができます。

相手は好きなように選ぶことができる

性衝動を抑えきることが難しいのが男性でもありますので、女性のほうから誘うことで乗ってくれることが多いです。

この点にこそセックスする方法として、男性よりも優先権が高いことがわかるはずです。

人によって性癖が違うように、女性自身が好きな相手を見つけて誘えば良いだけです。

感じが良い人・社会人としてそれなりの地位がある人・セックスへのテクニックがある・ホテル選びにも関心を持ってくれる・童貞など、ピックアップすればキリがありません。

女性も未成年には気をつけないといけませんが、男性の性衝動をおさえきれない点に目をつければセックスしやすい環境を操りやすいです。

エッチになるまでのシチュエーションも楽しめる

抱き合う男女
ただセックスするだけでは物足りない女性もいるでしょう。

そんなときにお試しとして、その過程を楽しむこともできます。

上目づかいで誘い、どんな表情をするのかを確認したい!

誘う過程を楽しみ、そこからエッチしたい女性もいるはずです。

男性以上に心で感じるのが女性のセックスになり、しっかりとした満足できるオーガズムを得たいはずです。

そのためにエッチまでのシチュエーションは重要なスパイスになりますので、この過程も楽しむことをオススメします。

男性から拒否されることはあまりない

実際断る理由がないのも男性です。

性的な衝動をおさえきれないこともあり、女性から誘われるシチュエーションに直面することがそれほどあるわけでもありません。

よほどのことがなければ拒否されることはないでしょう。

もしあるとするなら、結婚をしている・タイプではない・本当に戸惑っている・タイミングが悪いことなど、理由があげられます。

念のため拒否されることも考えておこう

もちろん絶対に拒否されないとはいえません。

傷つかないための予防線を張ることも忘れないでください。

そこには男性にとっての理由がありますが、女性はそこまで自己嫌悪に陥る必要はありません。

男性は星の数ほど存在していますので、お互いに納得できるかたちでセックスができる相手を探してください。 

相手を好きになってしまうのもデメリット

女性は男性に比べてセックスする方法はそれほど難しくはありませんが、ただデメリットがあります。

肌を合わせることになりますので、気持ちの変化が生じやすいです。

ただのセフレだったのに、気が変わり恋愛感情が芽生えてしまい、彼氏になってほしいと感じることも多いです。

本当に身体だけの関係を求めるのであれば、女性はこの点に気をつけましょう。

心からのシチュエーションでセックスを求めることが多い、女性にとっての欠点だと自覚しておくことが必要です。

女性が簡単にセックスできる方法10選

男性の手を触る女性
セフレ探しが意外に難しいのは、男性に限らず女性にも指摘できることです。

身体にとっても環境にとっても安全な状況でセックスができる場所を求める必要があります。

ここを疎かにすることで社会的な信用を失うこともあります。

これは男女ともに共通してあるデメリットになりますので、相手探しには気をつけることが大切です。 

セックスする方法1:出会い系サイト

誰でもスマートフォンを持っている時代になってから情報が簡単に手に入るようになりました。

中でも出会い系サイトと呼ばれる男女が出会うことを目的としているサイトでは簡単にセックス出来る相手が募集できます。

男女比も圧倒的に男性の方が多いため、女性が登録すると性欲で物事を考えている男子が彼女欲しさに大量のメッセージを送ってきます。

簡単に出会えてセックスすることが出来ますが、出会い系サイトに登録する方法は一般的すぎるとも言えます。

そんな出会い系について軽く解説します。

出会い系サイトの種類

出会い系サイトやそれに関連するものは数多くありますが、2018年現在で人気なのは

「ハッピーメール」
「PCMAX」
「ワクワクメール」

の3つです。

これらは様々なランキングで常に上位を獲得していたり、広告で大々的に宣伝している大手です。

マッチングアプリともいわれていて、有名なだけに利用者がとても多いのが魅力的です。

簡単に登録が出来ることやメッセージ・メールでのやり取りがアプリ内だけで行えるのでわざわざLineを交換したり電話番号を相手に教えることはありません。

もちろん利用には多少なりともお金がかかってしまいますが、それでも利用する人がいるという事は確実に目的の人と出会えるということです。

男性が飽和状態になりつつあるアプリでは企業側が用意した女性、つまりサクラがいることもあるので掲示板などで口コミはしっかりとチェックしておきましょう。

セックスする方法2:ハプニングバー

一般的なバーへ行くのはセックスする方法の中でも一番やってはいけないことです。

もちろんバーでナンパされてその流れでセックスするという事もありますが、確実にセックスをしたいのであればハプニングバーがおすすめです。

普通のバーとハプニングバーって何が違うの?と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、ハプニングバーはそもそもお酒を楽しむバーではないのです。

ハプニングバーとはカップルやゲイ、レズなどの人から女装男子、SMプレイ好き、露出癖を持つ人など様々な性癖を持つ人たちが集まる場所です。

お客さん同士で突発的に行為を楽しむためハプニングバーと呼ばれていて、はっきり言ってしまえば風俗の一つです。

非日常が味わえる

ハプニングバーの魅力は何と言っても私生活の枠を飛び越えた非日常体験ができることでしょう。

突然わけもなく目の前で起こるキスや女の子からの誘いなど実際に訪れてみなければ分からないことがたくさんあります。

ネットでは味わえない普段以上のドキドキ感が人気の理由で、自分の恋愛やSEXにマンネリを感じているのであればぜひ試しにハプニングバーを使って一味違った性体験をしてみてください。

セックスする方法3:ナンパ待ち

確実にセックスをしたいのであれば街へと出かけてナンパ待ちをしましょう。

待ち合わせをするでもなく、買い物をするでもなく暇そうにして男性から声がかかるのを待ちましょう。

今日のセックス相手を探している男性自ら声をかけてくれるので、エッチしたい相手であればOKすれば良いだけです。

お互いがセックスしたいと思っているので確実にセックスする事が可能で、色々と話したりしている間にいつの間にか彼氏になっていたなんてことも。

実は難易度は低い?

ナンパ待ちは一見すると難易度が高く見えますが、実はそんなことはありません。

ナンパされたという体験談は数多くあって、街を歩けば声をかけられることも多いのです。

もちろんナンパされやすいように服装に気を使ったりイヤホンをしないなどナンパ待ちの準備は必要になりますが、ナンパされやすい特徴をしっかりと抑えておけばナンパされる確率が高いです。

セックスする方法4:ナンパする

セックスするためにナンパ待ちをしていても声がかからない場合は自分から声をかけてみましょう。

女性からナンパされて断る男性はそうそういないため、成功率が高そうな一人でいる男性に声をかけてみましょう。

逆ナンにもテクニックが必要となって少し難しいのですが、男性が無料でセックスできるチャンスを逃すことはまずありません。

本当に寂しいときや相手が欲しいときには積極的に自分から声をかけてみてください。

セックスする方法5:SNSを活用

セックスの相手を探すのは出会い系や街中だけではありません。

知っている方も多いですが趣味の一環でやるTwitterやInstagramで気になる人を見つけて仲良くなってからオフ会と称してエロ目的で会うことも出来ます。

パターンとしてはダイレクトメッセージでやり取りをしたり早いうちからLineを交換して頻繁に連絡を取ってその流れでということが多いです。

確実に出会えるためホテルでハメられたい女子にとってはとても良いツールとなっているのです。

メインアカウントを使うのではなくサブアカウントを作りエロ目的の相手を募集するのがポイントで、結果的に経験豊富なヤリチンから完全素人の童貞まで幅広い方と出会うことが出来ますよ。

SNSの注意点

SNSは未成年者も利用しているため警察が目を光らせていることがあります。

社会人の方であれば問題はありませんが学生と出会う場合には少し注意が必要です。

それ以外にも売春・買春など状況によっては逮捕されることもあります。

未成年を狙った犯罪が増え続けているためこんなことになってしまっていますが、不安な方は別のツールを使うことをおすすめします。

セックスする方法6:友達を誘う

かなり危険な方法ですが身近な友達をセックスに誘うという方法もあります。

大学生であれば出会いも多いため友達に声をかけてセフレになってもらうのがおすすめです。

最初はとにかくセックスについての話題を出さないようにし、一緒に会ってデートを重ねてそういった雰囲気を出して彼を求めてみましょう。

誰にも言わないことを条件にして肉体関係を持てばその後どこで恋人を作っても安心です。

もちろん他の方法で他のセフレを獲得することで可能です。

セックスする方法7:パパ活

身近な友達を誘ったりすることは出来ないし、どうせセックスするならお金も欲しい!という方はパパ活をしてみてください。

パパ活とはお金の支援をしてもらうことを条件にセックスさせてあげる完全な買春目的の活動のことを差しています。

当然安全にパパ活を行うためには条件が必要になりますが、相手の性格や支援してくれる金額内容によっては最高の活動となります。

いつも通りにセックスしたい方やセックスを楽しむ方には特におすすめです。

セックスする方法8:立ちんぼ

ナンパ待ちに近いものですが、大きな駅の待ち合わせ場所となるようなところでずっと立ってみる方法です。

渋谷のハチ公前や改札前などにいる人の中には声をかけられるのを待っている立ちんぼがいます。

大阪の主要駅にもかなりの数がいるため立ちんぼだと理解されるように周りに居る人を参考にして自分も同じような雰囲気を出してみてください。

通りでナンパされない人におすすめな方法です。

セックスする方法9:イベントに行く

東京や大阪、福岡などの主要都市で開催されているイベントに行ってみるのも一つの手です。

人が集まるような超人気イベントではなく、中規模のイベントの方がおすすめです。

イベントには基本的にグループで訪れることが多いため、一人でいる男性に一緒に回りませんか?と声をかけてみましょう。

仲良くなれればその後はホテルで本番までいけるかもしれません。

近くに住んでいれば連絡先を交換してその後は都合のいいときにセックス出来るお友達になれるでしょう。

セックスする方法10:クラブに行く

セックスするためにイベントへ行きたいけど昼間から逆ナンするのはちょっと…という人におすすめなのがクラブです!

お互いの顔がぼんやりとしか分からない暗闇の中でお酒を飲みながらテンションの上がる音楽を聴き、ナンパされるを待つだけです。

週末になれば人も多く集まるので狙い目は金曜日と土曜日の夜です。

自分から気になる男性に声をかけてみるのもアリです!

セックスする方法と気をつける点

セックスしてる男女
今まで女性の視点からセックスする方法を指南してきましたが、それと同時に頭のなかにいれておいてほしいことがあります。

ただ快感を求めるだけではなく、自分の身体を守るためにも必要なことがあります。

それができてこそ、女性からみるセックスする方法が成り立つことを忘れないでください。

女性は妊娠する可能性があることを忘れずに

ここは絶対に譲れないポイントです。

必ず避妊をしましょう。

ピルなどを使って対処することができますが、避妊は男性優先のほうが望ましいです。

コンドームをつけてくれない相手を選ぶことは、自分の身を守ることから遠のきます。

そんな男性を相手にしてはいけません。

もし事故が起きるようなことがあっても、緊急避妊ピルの使用など対処方法を身につけることをおすすめします。

セックスを楽しむことを否定しませんが、妊娠までついてくると性の解放から遠のきます。

楽しむことを考えるのであれば、セックスはリスクを負っていることも理解してください。

性病には男性以上に気をつけることが大切

性器の特徴から男性よりも女性のほうが、性病を罹患しやすいです。

コンドームは避妊だけではなく性病を防ぐことに効果がありますが、完全ではありません。

ピルの避妊確率は高いですが、性病には無防備です。

出会い系サイトで見つけた相手になると、それなりの経験があり、セックス的にもメリットがあるでしょう。

しかしその分、性病へのリスクが高くなることも知っておきましょう。

身体だけの関係は時に精神を傷つけることも

女性特有の問題になりますが、セックスだけの関係だったのに心が言うことを聞かないこともあります。

肌を合わせることで恋愛感情が芽生えてしまうこともあるのが女性です。

それが絶対にないと断言できるのであれば問題ないでしょうが、絶対にないとは誰にも言えないはずです。

そのリスクもあることを理解しておきましょう。

近い人になるとヤリマンであることがバレやすい

職場や学校の男性をセフレにするようなことになると、ヤリマンの烙印を押されてしまうことがあります。

たとえ秘密であったとしても、どこかでバレてしまうこともあります。

セフレではなく一晩の関係であり、デートからのエッチだとしても、男性は武勇伝のように語ってしまうこともあります。

当然このような男性のタイプとセックスをするべきではありません。

自分の評判を下げるような相手を選ぶことがないようにしましょう。

ここで少しでも間違えてしまうと、大きな社会的な損失を被ることになりますので気をつけてください。

出会い系は怖い場所でもあることを知っておこう

即、相手を見つめることができる場所として男女ともに人気のあるセックスする方法になるのが出会い系サイトですが、ネットは怖い場所でもあります。

雰囲気と流れだけで出会うようなことになると、被害にあう可能性があります。

じっくりと相手を吟味して信頼ができた段階でリアルで会うようにしましょう。

そうなると即出会うことから逸れてしまいますが、自分の身を守り、ハッピーなセックスをするためには欠かせない自己防衛です。

投稿からすぐ会うことを避けるだけでも、リスクを減らすことができます。

またサイトの選別も重要な判断です。

ランキングなどで他のサイトを紹介している記事もありますが、あくまでも創業年数が長いサイトから登録することをおすすめします。

詐欺行為も多いのが出会い系サイトですので、選別は必須です。

セックスする方法だけが性欲の解消ではない

ベッドの中の男女
妊娠や性病のリスクがあるのもセックスになります。

だからこそセックスする方法だけに執心するべきではありません。

他にも性の解放を求めることができます。

男性がする行為のように思っている人も多いですが、女性がするのも悪いことではありません。

オナニーで自分を満たすこともひとつの方法

男性が行うように女性が行っても構いません。

最近は女性向けのアダルトグッズも増えており、使ってセックスよりも良かったという感想も多いのが特徴です。

オナニーであれば、清潔にするだけで病気を防ぐことができます。

妊娠と性病のリスクも遠ざけることができるメリットがあります。

いろんな方法で自慰をすることができる

オナニーで性欲を満たすのであれば、環境を整えることにも関心を持ちましょう。

道具を使わないにしても、声を出せる・集中できる環境を整えることも必要です。

バレるような環境で行うことでスリルを味わうこともできるでしょうが、そうなると集中できません。

アダルトグッズも誰にもバレないように購入できる環境がありますので、利用を検討してみると良いでしょう。知らなかった自分に出会えるのかもしれません。

男性にはない大きなメリットがある

女性はセックスもオナニーをするにも、大きなメリットがあります。

女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されやすくなることで、綺麗になったり、積極的になったり生活に影響を与えやすくなります。

ストレス解消にも効果的です。

男性はオナニーをすることで、外見や精神面にデメリットを抱えることが多いですが、女性は逆の効果を引き出します。

しかし女性もやりすぎには注意しないといけません。

一説によるとオーガズムを感じる練習にも役立つのがオナニーですが、やりすぎると男性側のテクニック不足でイケなくなることも。

このようなデメリットが存在していることも知っておきましょう。

まとめ

女性であれば男性ほどセックスする方法はそれほど難しくはありません。

問題は行為とその後の関係に焦点をあてるべきです。

またセックスだけが性の解放ではありません。

オナニーも含めて自分の性欲とうまく付き合うことをおすすめします。

Related article関連記事