女性も、もっと性に対してオープンになってほしい!という思いで設立された性の情報サイトです。

笑うブス

ブスでも彼氏が作れる7つの方法!男性に好かれるそのコツとは

笑うブス

世の中結局顔なのよ…と嘆いている全ブスのみなさん、顔を上げてください。

確かに世の中可愛い・美人の方が愛されますしモテますが、ブス=愛されないということは絶対にありません。

何故なら世の中には顔が平均より下でも、家庭を持ってとても幸せに過ごしている人が沢山いるからです。

ではそんな幸せなブスと、誰からも愛されない孤独なブスの差はどこにあるのでしょうか?

今回は愛されるブスになるための方法や、気を付けるポイントについて紹介していきたいと思います。

ブスでも彼氏を作る7つの方法

ピザを作るブス
さっそく愛されるブスのポイントを見ていきましょう。

彼氏を作るには他人の良いところを盗むことが重要です。

今から紹介するポイントを意識していけばきっと素敵な彼氏ができますよ!

①清潔感に気を配る

まず男女ともに清潔感のある人はモテます。

多少顔の造形がイマイチでも、清潔感があるだけで美人・かわいいオーラが出るのです。

ではどうしたら清潔感を得られるのでしょうか?

1つ目は綺麗な肌。

色白は七難隠す、というように、透明感のある綺麗な肌はそれだけで美人に見せてくれます。

いくら可愛い子でも、キスをするときに毛穴がクレーターだらけだったらそれだけで冷めかねません。

毛穴の黒ずみやシミのケア、日焼けをなるべくしないなど様々な方法があります。

肌は体質もありますが、努力次第で改善は可能なので頑張りましょう!

2つ目は艶やかな髪の毛。

ショートヘアでもロングヘアでも、さらさらと風になびく髪の毛は思わず触れてしまいたくなるような魅力があります。

流行のヘアカラーや軽やかなパーマも素敵ですが、それよりも艶やかな傷んでいない髪の毛はとても美しいです

こちらも努力でなんとかなるので、日々のケアを怠らないようにしましょう。

3つ目は体臭。

汗臭さや口臭は他人をとても不快にします。

ブスから悪臭が漂ってきたら、それこそ本当にどうしようもないですよね。

良くも悪くも香りというのは記憶に残りやすいもので、いい香りのする人はそれだけで好印象を抱かれます。

ファーストステップとして、汗はこまめに拭く、制汗剤を使う、歯磨きをきちんとすることで臭いをさせないようにする。

次にコロンをつける、柔軟剤を使うなどとプラス要素を加えていくことがポイントです。

香水はつけすぎると匂いがきつすぎてしまうことがあるので、慣れないうちはコロンくらいの香りの強さがおすすめですよ。

②愛嬌がある

「男は度胸、女は愛嬌」ということわざがあります。

これは男性には物事に立ち向かう度胸が大切で、女性には周りを癒すような愛嬌が必要という意味です。

皆さんの周りに、顔立ちは特別いいわけではないのに何故かモテる女性はいませんか?

こういう人は一緒にいて気分が明るくなり、なぜか放っておけない魅力を秘めています。

ではどうしたら愛嬌を身につけることができるのでしょうか?

まず愛嬌のある女性になる方法として、もっとも大切なのは笑顔を絶やさないことです。

笑顔が素敵な人は一緒にいて楽しくなり、鬱々とした気分を吹き飛ばしてくれます。

次に素直になること。

感情を素直に出すことで相手に心を開いているアピールになり、警戒心を解かせることができます。

ただし素直に出していいのはプラスの感情。

何かしてもらったときの喜びや、楽しい気分の時は素直に表現しましょう。

マイナスの感情を周りにさらけだすのは素直ではなくただのわがままです。

そこを履き違えないように気を付けたいですね。

恥ずかしがり屋の人は笑顔で挨拶をするように心がけるだけでも周りからの目はだいぶ変わりますよ!

目指すは居心地のいい女性です!

③自分の強みについて研究する

自分を「ブスだ」と思っている人は、あまり鏡を見たくないと思うでしょうが、ここは一度じっくりと鏡をみてみましょう。

全くいいパーツがないという人はなかなかいないものです。

自分のいいパーツがわかったら、そこを引き立てるようなメイクや髪型をしてみましょう。

顔にコンプレックスがあるからといって、顔全体を隠してしまっては暗く見えてしまいます。

例えば目元がきれいな人は目元が引き立つようなメイクをしてみたり、唇の形がきれいな人は発色のいいリップを塗ったりすると、唇に注目が集まるので全体的な印象が好印象に傾きやすくなります。

また顔だけでなく、美しい体型を保つことも大きな強みとなります。

メディアで活躍するモデルさんの中にも、意外と顔はそこまででもない人がいます。

人は顔だけでなく、体系も含めて美人・ブスと判断するので、美しい体型を手に入れるだけでもかなり印象が変わります。

全身鏡をみて、胸の形やウエスト、足の長さや形などをじっくる観察してみましょう。

もしくは今までに他人に褒められたパーツを、お世辞か本心かを考えずに書き出してみてください。

お世辞で褒めるにしても悪いパーツを褒める人はいませんから、1番多く褒められた場所があなたの強みだと思っていいでしょう。

自分の良いところを知ることで、自信を持てるというメリットもあります。

見た目にコンプレックスのある人にはつらい作業かも知れませんが、自分の魅力について客観的に考えてみてくださいね!

④美しい姿勢を保つ

姿勢が悪い人といい人
自称ブスの方に最も多いのが猫背。

自分に自信がないせいで、どんどん猫背になっている方が非常に多いです。

猫背はそれだけで暗い印象を与えてしまい、身体が歪んでスタイルも悪くなってしまいます。

そして他人の姿勢というのは意外とみんな注目しているため、猫背でいるだけで嫌なイメージを抱かれてしまうことも。

最近はスマホの使用も相まって「巻き肩」になってしまっている人も多くいます。

巻き肩になると顔がむくみやすくなったり、胸が垂れやすくなったり、下っ腹が出るようになり、最終的には痛みまで伴うようになってしまいます。

猫背でいることは百害あって一利なしです。

少しでも猫背気味だという心当たりのある人は、背筋と腹筋を鍛えるようにするとかなり改善されるので、日々のルーティンとして取り入れてみてくださいね。

⑤理想と妥協のバランスをとる

例えば実際にあなたがブスだとして、恋人に求める条件に「お金持ち」「イケメン」「高身長」「高学歴」を挙げていたら彼氏ができる確率はほぼ0%でしょう。

最初にはき違えてはいけないのは、いくらいい条件に当てはまっても最終的に性格があわなければ長く一緒にいることはできないということです。

例えば今あなたが恋人に求めている条件が10個あったとし、その10項目に当てはまる人がいたとします。

しかしそのなかであなたを好きになってくれて、そのうえで性格もあう人というのは本当に一握りです。

そこで、絶対に譲れない条件をあげてみましょう。

例えば「金銭感覚があう」や、「実家暮らしじゃない」など、付き合っていく中で大きな支障になりそうなことは省く条件がいいでしょう。

そのような感じで条件を減らしていった場合、一気に恋人を作るハードルが下がります。

自分のレベルに見合った理想を抱くようにしましょう。

一方で自分に自信がないからといって、妥協しすぎるのも大問題です。

「私を愛してくれるならだれでもいい」と思って、ヒモ男や結婚詐欺に引っかかる女性は結構います。

あくまでも1番大切なことは、あなたが幸せになることです。

彼氏ができてもそのせいで不幸になるようでは、いないほうが良いに決まっています。

理想と妥協の程よいバランスを考えてみましょう。

⑥出会いの場に積極的に赴く

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」というように、確率の低い物事も沢山こなせばいくつかは成功するというのがこの世の鉄則です。

沢山の男性と出会えば、1人くらいはあなたと結ばれる人が見つかるはずです。

最近ではお見合い(婚活)パーティーや、街コンなど、お金を払えばだれでも参加できる出会いの場がたくさんあります。

中にはアニメが好きな人が集まったり、鉄道が好きな人が集まったりする趣味コンなるものもあるのだとか!

趣味が合えば話もしやすいですし、あまり出会いの場感がなくてハードルが下がりますよね。

他にもあまりお金と時間をかけたくない場合、位置情報を利用して近くの人と出会える無料マッチングアプリを使うのも手です。

最近のマッチングアプリは昔の「出会い系アプリ」と違い、ライトな雰囲気のものが多くあります。

趣味、年齢、休日の過ごし方など様々な項目で絞り込めるものもあるので、さっさと条件に当てはまる人だけ探したいという場合にも使えます。

どうしても「出会い」という雰囲気の場所が苦手という場合には、料理教室をはじめとした習い事の場や、ジムなどがおすすめです。

習い事やジムは仮に男性と出会えなくても自分磨きができるため、マイナスになることは絶対ありませんからね!

そして出会ってからうまくいかなくても、場数を踏むことでなんとなく彼氏を作るコツがわかってくることもあります。

あくまで練習くらいの軽い気持ちで、たくさんの出会いの場に赴いてみましょう。

⑦所作に気を遣う

姿勢にも共通して言えることですが、意外と他人の行動は目につきます。

普通にしていればそこまで目につかないことでも、ちょっと態度が悪いと一気に注目されてしまいます。

だからこそ、足の指先から頭まで、気を抜かずに美しい所作を心がけましょう。

ブスでガサツだなんて、もはや擁護のしようがないくらい最悪です。

所作1つ1つがきれいな女性は、美人オーラをまといます。

恋人は人に見せびらかすためのものではないですが、それでもやはり人前に出して恥ずかしくない人と付き合いたいですよね。

顔に自信がないのなら、顔だけでは得られない品の良さで周りと差をつけましょう。

男性から嫌われるブスの3つの特徴

顔に手を当てるブス
ブス、といっても実は二種類あります。

1つは顔の造形があまりよろしくない、言葉通りのブス。

もう1つは性格がとても悪い性格ブス。

顔の造形は生まれ持ったものなので、整形しないとどうしようもないですが、性格ブスは直すことができます。

顔が人より劣っているのなら、せめて性格はよくありたいですよね。

今から3つの項目を紹介していくので、当てはまるところがあったら直していきましょう。

①人の悪口をいう

悪口は言われているほうが主役、という言葉をご存知ですか?

確かにとても手軽な話題で、共通の敵を作ることで人と仲良くなることが簡単になるため、悪口を言いたくなる気持ちはわかります。

しかし誰かの悪口を言っている限り、あなたは永遠に脇役でしかなく、どんどん孤独になっていくことでしょう。

悪口を言っているときの顔はどんな美人でも歪んでいてとてもブスですし、悪口を言う人は他人から信用されません。

絶対に悪口は言わないようにしましょう。

②周りの空気を暗くする

「私なんてどうせブスだから…」という言葉を発してしまった人は要注意。

本当に自分でブスだと思っていようが、「そんなことないよ」待ちだろうが、周りはこの発言をされて気分いいわけありません。

他にも相手からの誉め言葉を過剰に否定したり、卑屈な発言ばかりしたりしていると、周りの空気はどんどん悪くなっていきます。

ニコニコしているブスと、ふくれっ面のブスなら、誰だってニコニコしているブスを選びますよね。

ブスだからこそ、なるべく明るくいるように心がけましょう。

③身なりに気を使わない

これは当てはまる人が非常に多いと思いです。

「どうせブスだから」と言い訳をして、だらしない体型、ぼさぼさの髪の毛、ノーメイクでいませんか?

仮に美人だとしてもこれでは男性から好かれませんよね。

女性はメイクやダイエット、髪型で大きく印象を変えることができます。

ブスだと思うのなら、ブスだからこそ自分磨きを頑張りましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

最初のうちは思うように行動できず、「もう一生独身でいい!」と投げ出したくなるかと思いますが、努力の先に幸せな未来が待っています。

そして自分で思っているほど実際はブスじゃないことも沢山あります。

あまり自分を卑下せず、自分を愛してあげることが愛されることへの第一歩です。

見た目は関係なしに、頑張る女性は素敵です。

毎日少しずつ頑張って素敵な彼氏をゲットしてくださいね!

Related article関連記事